ラブあみ織り機の種類と値段、最新版の発売日と安い店

子供に織り機を体験させたい!

そんなときはオモチャの織り機「ラブあみ織り機」があります。
初めてでも簡単とは言いにくいですが、付属の毛糸以外にも、市販の毛糸・麻ひも・Tシャツヤーンでも色々な作品が作れます。

今回、新しくバージョンアップして、ラブあみ織り機が新発売。
ラブあみシリーズも多数あるので掲載します。

スポンサードリンク

ラブあみ織り機で作れるもの

・ニット帽
・デニムポーチ
・シュシュ
・ポシェット
・くまポシェット
・ルームシューズ
・コースター
・ブレスレット
・ペットボトルホルダー
・うさぎ

基本的な作り方の動画を見ましたが、大人でも最初は難しそうです。
ラブあみ織り機の対象年齢は6歳となっていますができるかな。

ラブあみ 織り機(最新2019)

ラブあみ 織り機

2019年版のラブあみ織り機です。
発売日は2019年9月28日

タテ糸をセットして、ヨコ糸を通していくだけでいいんですが、セットするまでが子供には難しいと思いました。

お値段は7,000円(税抜き)毛糸つき。
定価で買うのは迷ってしまいます。

最安値>>>ラブあみ織り機2019

でも、最新版じゃなかったら安く買うこともできます。
旧版のラブあみ織り機、ラブあみシリーズのラブあみ基本セットとか。

ラブあみ 織り機

ラブあみ 織り機

こちらは2018年に発売されたラブあみ織り機。毛糸つき。
定価は7,000円(税抜き)ですが、今なら5000円以下で買えます。

スポンサードリンク

2018年版と2019年版の違いは何か?
違いはほとんどありません。

他のラブあみシリーズの作品と組み合わせることができますよ。
こちらも子供が作るのは、ちょっと難しいと感じました。

ラブあみプレミアムセット

ラブあみ プレミアムセット

ラブあみのプレミアムセット。
簡単にマフラーや帽子などのニット小物が編むことができます。

いろんなサイズのボンボンとタッセルが作れるボンボンメーカーが付属。

定価は5,000円(税抜き)ですが、今なら2250円で買えます。
2017年発売で現在は型落ち。

できる編み方は平編み、輪編み、表編み、裏編み、ゴム編みなど。
説明書にやり方が書いてあるので困ることはないと思いました。

ちなみに「プレミアムセット用あそびかたDVD付ラブあみプレミアムセット」は5000円で販売していました。

ラブあみDXセット

ラブあみ DXセット

ラブあみDXセット2016版。
こちらは単品で定価4000円ですが、今では1800円まで値下がり。

付属の毛糸以外にも市販の毛糸を使って編むことができます。
特にこだわりがなければこれもいいと思いました。

さらに安いのがありました。
ラブあみ基本セットです。

ラブあみ基本セット

ラブあみ基本セット

とにかく安いのが欲しいという場合はラブあみ基本セットがいいですね。
単品なら定価2700円ですが、現在の価格は1100円で毛玉ついてます。

・公式ブックセット 2996円
・専用糸1個セット 2535円

デラックス版より劣りますが、あまりお金をかけたくない場合はいいかもしれません。
ラブあみ織り機の種類と値段のご紹介でした。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする