風疹の予防接種の年代別受けてない人、妊娠・子供はいつワクチン?

風疹はせきやクシャミで感染します。
でも、予防接種を受けていれば大丈夫。

【風疹の予防接種を受けていない年代】

・昭和37年4月1日以前生まれの男女
・昭和37年4月2日~昭和54年4月1日以前生まれの男性
・昭和54年4月2日~昭和62年10月1日生まれの男女
・昭和62年10月2日~平成2年4月1日生まれの男女

ざっくり書くとこんな感じです。
全員に当てはまるわけではなく、個別で風疹の予防接種を受けている人もいるでしょう。

もう少し詳しく書きますね。

スポンサードリンク

2019年風疹の予防接種が無料の対象者

厚労省は現在39~56歳の男性を対象に2019年度からの約3年間、全国でワクチン接種の原則無料化の方針を発表しました。

対象者は1962年4月2日~79年4月1日に生まれた男性。

まず抗体検査を受けて、陰性だった場合、予防接種となります・
抗体検査は無料。

1962年4月1日生まれ以前の人

男女ともに風疹の予防接種は受けていません。

ただし、自然感染などで抗体保有率が90%と言われています。
90%の人は風疹になって、抗体ことがあるということですよね。

1回風疹になると、抗体ができるので、2度目の風疹になる確率は少ない。
(95%~99%ならないと言われています)
気になる方は、風疹抗体検査や予防接種をしたほうがいいか、お医者さんに相談してみるのもよいでしょう。

1962年4月2日生まれ~1979年4月1日生まれの人

○男性は風疹の予防接種を受けていません。

○女性は中学生のときに、1回集団接種を受けているはずです。
(思い出してみてください。休んでいる可能性もあるので)

最近、この年代の男性の風疹患者が増えています。
今後さらに感染が広まる恐れがあるとニュースになりました。

1979年4月2日生まれ~1987年10月1日生まれの人

○男性は中学生のときに個別接種を受けているはず。
(思い出してみてください)

スポンサードリンク

*個別接種なので、学校での予防接種ではありません。
この年代も男性も注意ですね。本当にワクチンをしたのか?

○女性は幼児期に複合ワクチン接種の場合あり。
(思い出してみてください。親に聞いてみてください)

1987年10月2日生まれ~1990年4月1日生まれ

○男女ともに幼児期に個別接種1回。

この年代は幼児期に接種する機会あり。
個別接種なので、ワクチンしてない可能性もあり。

これはもう親に聞くしかありません。

注意なのが、1回の予防接種だけで抗体が不十分な人もいること。

1990年4月2日生まれ以降

○個別接種2回しているはず。

親に聞いてください。

子供はいつ風疹の予防接種?

現在、生後12ヶ月から36ヶ月とされています。
強くお勧めされているのは、生後12ヶ月から18ヶ月の間。

理想的には、生後12ヶ月で麻疹(はしか)の予防接種を行ない、その一ヶ月後に風疹の予防接種を行うことです。

風疹の予防接種は、生後12ヶ月から90ヶ月未満だと、公費負担を受けることができ、通常無料または若干の自己負担のみで接種できます。

不安な人は風疹抗体検査

風疹抗体検査っていうのは、このままだと風疹なりそうかどうか調べる検査。

予防接種を受けても歳を重ねると抵抗力が弱まるとのこと。
もし、検査で抗体価が低ければ、予防接種を受けたほうがいいってことですね。

風疹の予防接種は妊娠、妊娠希望者は大丈夫?

*妊婦の方は予防接種を受けられません。
*接種後2ヶ月間は避妊が必要

風疹患者を妊婦さんに近づけるのは危険ですね。
風疹は感染力が強い。

妊娠初期の女性が感染すると、赤ちゃんにも感染して、先天性の心疾患や難聴、白内障などを引き起こす危険性がある。

風疹抗体検査は無料

妊娠を希望する女性のパートナーや風しん抗体価の低い妊婦のパートナーは、無料で風しん抗体検査が受けられます。
自分の住んでいる場所で検索してみてください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする