インフルエンザの新薬ゾフルーザとタミフルの違いと子供副作用

ゾフルーザは何が違う?
ゾフルーザは2錠で薬が完結。
タミフルは10錠で薬が完結。

販売名 ゾフルーザ(新薬) タミフル
発売 2018年 2001年
用法 飲み薬 飲み薬
値段(3割負担) 約1700円(2錠)
約1200円(10錠)

お金はかかるが、治るのが早いゾフルーザ。
治るのに時間がかかるが、安く済ませたいならタミフル。

では、タミフルとゾフルーザでの、子供への副作用は?
ゾフルーザは体重にも気をつけてください。

スポンサードリンク

タミフルとゾフルーザの子供への副作用

タミフルとゾフルーザでの、子供への副作用は変わりません。
下痢になる確率は1%、重篤な副作用はないと言われている。

でもインフルになったら、下痢になることもあるので、何とも言えないなぁ。

スポンサードリンク

昔、タミフルで子供が異常行動を起こすってニュースがありました。
でも、これはタミフルに問題があったのではなく、インフルエンザの影響と言われています。

ゾフルーザを飲んでもいい年齢と体重

子供は体重が10キロ以上だと飲んでも大丈夫。
10キロ未満は飲んではいけません。

一般的に2歳前後。
タミフル(シロップ)は0歳児でも服用可。

今年は子どもには処方しない病院もあります。
新薬なので、様子を見たいといったところでしょうか。

今後流行がさらに拡大する可能性のあるインフルエンザ。
医師とよく相談したうえで薬を選ぶことが重要だと思います。

新薬ゾフルーザの効能

・たった2回の服用で治療完了
タミフルの場合、1日2回×5日間で10錠(全部飲まないといけない)

・ウイルスが体内から検出されなくなるまで約24時間とされる。
人にうつすリスクが激減

タミフルは5日間外出不可。
ゾフルーザを飲んでも、個人差があるので、1日で治るとは限りませんが。

Amazonではゾフルーザは販売していません。

2019年インフルエンザ患者が多い地域

・愛知県(例年より2週間ほど早い)
・岐阜県
・北海道

インフルエンザ流行の原因

・あまり雨が降っていない
・急激な冷え込みと連日続く乾燥状態

2019年のインフルエンザ対策

・人と会わない
・インフル患者と一緒に食事しない
・最も身近な家族にうつさない

当たり前すぎてすみません。
家族がインフルエンザになったら、大人の場合ゾフルーザを飲ませる。
子供の場合は医師と相談。

今のところほとんどA型なので、10歳以下の子供や70歳以上の高齢者が要注意。

インフルエンザにかかりやすい人

・お父さん

お母さんと子供は感染対策をしていますが、父親は感染を防御するという意識がない(笑)
そして、「パパ遊んで」の誘惑に負ける。

まとめ

<ゾフルーザとタミフルの違い>

ゾフルーザは2錠で薬が完結で値段が2錠で約1700円。(3割負担)
2回の服用で治療完了。

タミフルは10錠で薬が完で値段が10錠で約1200円。(3割負担)
1日2回×5日間で10錠。

スポンサードリンク