ヘルパンギーナで歯茎が腫れる大人、耳鼻科か歯医者で診療迷った

ヘルパンギーナって、夏に乳幼児がなる病気で感染症のイメージ。

私は大人ですけど、ヘルパンギーナになったかもしれません。
でも、私の場合、歯茎が膨らんでいるんですよね。

病院へ行くのが一番いいと思いました。耳鼻科か歯医者。
耳鼻科か歯医者で迷いましたが、熱もないし、歯茎(口内炎ではない)の腫れなので歯医者へ。

結果はヘルパンギーナとは言われず。
処方箋で抗生物質「セフジトレンピボキシル」を飲んで治りました。

スポンサードリンク

ヘルパンギーナの症状

大きな特徴は高熱ですね。

・38度以上の高熱
・のどちんこと周辺に水ぶくれ(1~5ミリ)
・赤い発疹
・水ほう
・頭痛

私は熱が出なかったので、ヘルパンギーナじゃなかったのかな。

大人がヘルパンギーナになると大変。
39度以上の高熱が続く。

だから、ヘルパンギーナになったら大人は注意。
空気感染もあるし、同じタオル禁止、粘膜注意、オムツも気をつける。

ヘルパンギーナの原因と薬

ヘルパンギーナの原因はウイルス。

私の場合は使い続けた歯ブラシのような気がする。
エアコンもtりえるかな。

高温多湿を好むでウイルスはいくつもの種類がある。
腸の中で増殖するエンテロウイルス属のウイルス。

・コクサッキーウイルス
・エンテロウイルス

スポンサードリンク

ヘルパンギーナの特効薬はないと色んな所で書かれてました。
先生に聞いてみれば良かったなぁ。

ヘルパンギーナの治し方

・薬を使わなくても2~4日程度で熱は下がる
・水泡は1週間くらいで治る

水分をとって脱水症状にならないようにする。
市販の経口保水液やイオン飲料を飲むと良い。

一度治ったら終わる病気ではなく、ウイルスで何度もなる可能性あり。

ヘルパンギーナの予防法

・高温多湿を避ける(ウイルスが高温多湿を好むから)
・除菌
・手洗い
・うがい

【除菌関連商品】

○ケア・フォー「ノロバリアプラススプレー」
○チャーミスト

ヘルパンギーナのニュース

山形、新潟、静岡各県の定点当たりの患者数が国の警報レベル(基準値6人)を超えている。
手足口病、咽頭結膜熱(プール熱)の感染も広がっているとのこと。

他には、溶連菌、突発性発疹、アデノウイルスが話題になっていました。

セフジトレンピボキシルの副作用

抗生物質はよく効きますが、副作用もあります。
私は胃部不快感がありましたが、セフジトレンピボキシルを飲み続けました。

・下痢
・軟便
・吐き気
・胃部不快感
・発疹
・蕁麻疹
・紅斑(青あざみたいなやつ)
・かゆみ
・発熱
・リンパ節腫脹
・関節痛

などが報告されています。
異変を感じたらかかりつけの病院へ。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする