鉄不足で貧血なママが安上がりな方法で鉄分を摂取

体内の鉄分が不足すると体調が悪くなります。
代表的なのがクラっとする、だるい、肌が乾燥する、抜け毛が多いなど。

特に完全母乳で子供を育て、貧血なママは子供への影響が心配ですよね。

そこで、お母さん以外(家族)にも手軽に簡単に鉄分が摂取できる方法をご紹介。
安上がりなやり方ですよ。

その方法は鉄玉子(鉄卵)を使えばいいのです。

スポンサードリンク

鉄玉子(鉄卵)とは?効果も説明

鉄玉子

鉄卵はその名の通りで鉄の卵のこと。
昭和時代には鉄の鍋などが使われていたのですが、いつしか使われなくなりました。

昔は鉄の鍋などは高かったんですが、現在はブームもあり大量生産されて値段も安くなりました。

鉄卵の効果は鉄分を補えるところ。
1回買ってしまえば継続して使えるので安上がり。

鉄玉子の安全性が気になったのですが、売っている物であれば問題はありません。

その他の効果は、水道カルキのニオイ消し、花びんに入れると花が長持ち、ナスや黒豆がきれいに仕上るなど。

簡単な使い方は、お茶やお味噌汁などでお湯を沸かすときに入れるだけ。
ヤカンや鍋に入れるだけで貧血予防できるのはありがたい。

鉄玉子は安いもので1個1000円以下で買えます。
2000円あれば十分。

及源「南部鉄器 ザ・鉄玉子 K25」を買いました。

スポンサードリンク

鉄分が入ったお味噌汁の作り方

非常に簡単な方法があります。
それは中華鍋や鉄鍋でお味噌汁を作る。

中華鍋や鉄鍋で水を10分加熱しながら具材を煮て、味噌を溶くだけ!
簡単ですよね。

10分加熱することで、鉄分が鍋から出てきます。
サプリメント買うお金がもったいない人にオススメ。

日本人の1日の鉄分不足分がお味噌汁たったの1杯で取れちゃいます。

鉄欠乏症の赤ちゃん・子供・ママ

生後9か月~2歳は鉄分が不足がちになります。
その理由は母体由来の鉄がなくなり、子供の体が急激に発達するから。

母乳で育てているママも鉄分が不足がち。
わずかな刺激でも泣いてしまう乳児は鉄不足の可能性あり。

生後9か月頃の離乳食には赤身の肉、魚、レバーなどを食べましょう。
鉄は脳などの中枢神経の発達に必要な栄養素です。

鉄欠乏状態が発達の遅れなどを招くと考えられています。
うちは子供にサプリメントは与えていません。

鉄分ある食べ物一覧

・大豆食品
・赤身肉
・アサイー
・ミキプルーン
・わかめ
・青のり
・ひじき
・レバー
・きな粉
・あさり
・ブロッコリー

納豆1パックで1日に鉄分は補えます。
だから、鉄分を摂取するのは意外と簡単です。

ポイントはビタミンCと一緒に摂れば、鉄分の吸収率がアップ!

個人的には鉄瓶でお茶を飲む。
煮物や汁系の料理のときに鉄玉子を入れる。

スポンサードリンク