洗濯の洗剤はどんな種類をそろえればいいか?アイテム別洗濯の仕方

洗濯の基本は「洗う&乾かす」です。

傷みも汚れも毛玉も、すべては洗い方の問題です。
基本を知れば衣類が長持ちし、クリーニング代の節約にもなります。

洋服の個性(状態)を見ながら洗濯機で洗ったり、手洗いをする。
手洗いをすると汚れやほころびに早く気づくことができ、結果的にお気に入りの服を長持ちさせることにつながります。

スポンサードリンク

どんな洗剤をそろえればいい?

最低限、3本あればOKです。

液体の洗剤と柔軟剤、漂白剤があればほとんどの衣類の洗濯に対応できます。
その上で手持ちの衣類に合わせて、必要なアイテムを買い足しましょう。

液体の洗剤

汚れを落とすには、中性洗剤よりも弱アルカリ性が◎。

液体の柔軟剤

衣類がふっくらで、柔らかく仕上がります。
静電気を抑える効果も。

液体の漂白剤

頑固な汚れや黄ばみなどを分解。
酸素系なら色物にも使える。

汚れが気になるなら粉末の洗剤

液体洗剤より洗浄力が高い。
水やぬるま湯で溶かして使います。

白い服が多いなら

粉末の漂白剤。
弱アルカリ性の粉末タイプなら、単独でも洗剤と一緒でも使える。

シルクやニット製品が多いなら

中性の液体洗剤。
「おしゃれ着」用の洗剤。
衣類を傷めにくく、毛や絹にも使えます。

納得の仕上がりにならない場合

「時間」「温度」「洗剤」「洗い方」のどれかを見直す。

生乾きの臭いが残る、汚れ落ちが悪いなど、洗濯の効果があまり感じられないようなら、いつもの洗濯方法を変えてみることが大切です。

洗い方を変える

シワが気になるならいつもより脱水時間を短くする、傷みが気になるなら洗濯機のおしゃれ着コースを使うなど、衣類の状態に応じて洗い方を変えてみて。

温度を変える

水温を上げると洗剤の働きが良くなります。
洗濯機の場合は、洗浄が始まる前に一旦停止し、水温が30~40℃になるよう、ぬるま湯を加えて。

時間を変える

洗う時間を延ばすと汚れ落ちが良くなります。
洗剤を溶かした水などに30分程度漬けてから洗うのもおすすめ。

洗剤を替える

汚れが気になるなら粉末洗剤を使う、漂白剤に漬け置きするといった具合に、いつもの洗剤を替えてみる。

スポンサードリンク

アイテム別洗濯の仕方

ウールのニット

基本は手洗い。
洗濯機で脱水するときも小さめのネットに入れる。

衣類の繊維がこすれ合うと毛玉の原因になります。

ウールやカシミヤのセーターは、畳んだ状態より一回り小さなサイズの洗濯ネットに入れ、手洗いを。
洗濯液の中で押し洗いとすすぎをし、ネットに入れたまま洗濯槽で10秒脱水→一時停止を2、3回繰り返す。

綿のパンツ

きちんと感を保つ洗濯方法は?

脱水時間は短めに。
乾燥機を10分程度回すのも良い。

通常の洗濯機で洗う場合には、洗濯槽での脱水を30秒~1分以内にしましょう。
洗濯乾燥機なら通常の脱水後、10~20分ほど乾燥機で乾かして。

洗濯槽内で回しながら温風を当てると、シワが取れやすくなります。

「洗える」ジャケット、洗った後も“きちんと見え”させるコツ

肩幅に合うハンガーで干し、襟にはアイロンをかける。

大切なのは、肩の形に合ったハンガーに干すこと。
ぴったりのハンガーがなければタオルを巻いて幅や長さを調節してください。

乾いたら、襟とボタン周りにアイロンをかけるのがおすすめ。

カシミヤの柔らかい質感どうしたらキープするには?

手洗いし、洗濯後はスチームアイロンをする。

自宅で洗える場合は手洗いが基本。
洗濯ネットに入れて押し洗いした後、5~10分洗剤液に漬ける。

すすぎ→洗濯槽で脱水→平干しした後、スチームアイロンを浮かせてかけるとふっくらします。

速乾性の高いインナ-など、機能性下着の汗ジミがなかなか取れない場合

ぬるま湯に30分漬け置きしてから、洗濯機で洗う。

機能性素材は便利な半面、繊維の中に汚れが入り込むと取れにくいです。

洗面器に30~40℃のぬるま湯と洗剤を入れ、衣類を漬けて30分置いてから洗濯機で洗ってみてください。

それでも取れなければ、酸素系の漂白剤を使うのも手です。

リネンシャツの「風合い」をキープする洗濯ワザ

「くたっと派」は脱水なし。

「しゃきっと派」は半乾き+アイロンで。

柔らかな風合いが好みなら脱水はせず、タオルの間に挟んで水気を取り、ハンガーにかけて干す。

パリッと仕上げるなら半乾きの状態でアイロンを。干すときは第1ボタンだけ留め、襟は立てると乾きやすいです。

生乾き臭の原因は、モラクセラ菌ということが分かりました。 モラクセラ菌とは、人の肌にいる常在菌で、家の中など様々な場所に存在しています。 ちなみに、買ってきたばかりのタオルなどにも、すでにモラクセラ菌は微量ながら付着しています。 これは日本ならではの気候というやつ。 タオルなどの臭いがキツくなっていく原因はモラクセラ菌が増えるから。 つまり、菌が分裂するときに臭いを出します。 ニオイを取る方法はいくつかあります。 モラクセラ菌は60℃以上の環境にいると死滅。
タオルを部屋干しすると臭いのは、タオルに菌が大量にいるからです。 なぜ、タオルに菌がいるのか? 菌が増殖するから。 解決法は洗濯機に菌を増やさない。高温で洗濯して菌を増やさない。酸素系漂白剤を使うです。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする